成長ホルモンの作用や効果について

私たちが生活を送る上で「成長ホルモン」という言葉を耳にされることもあるかと思います。
イメージとして良い成分であるということはお分かりかともまた思いますが、その詳細についてご存知だという方は少ないのではないでしょうか。
ここで、成長ホルモンについて見ていきたいと思います。

成長ホルモン成分(GH)について

成長ホルモンは別名GHとも呼ばれています。
脳下垂体にある前頭葉から分泌されるホルモンがこれにあたります。
役割としては、糖やたんぱく質の代謝を調整したバランスをとったり、そのほかのホルモンの分泌を促進・抑制してバランスの取れた成長を促す働きを持っています。

GHが与える身体的な影響について

GHといえば有名なのが背を伸ばしたり心身を健康な状態に保ったりするのに大切で重要な役割を果たしているのです。
GHが不足している状態に陥ってしまうと、薬として伝うと効果を生み出すことが出来ますが、不適切な使い方ではその効果は全く無く、逆に身体に害となってしまうこともあるので留意が必要となっています。

GHは体内でどのように動いているのか

GHは肝臓に働いてインスリン様成長因子を作らせ、それらを血液中に放出させるのです。
GHはそれとどうじに骨成長版にも働きをかけていきますので、骨を長軸方向に伸ばすことも出来るのです。
こうした働きがあるからこそ、成長期と呼ばれる年齢の方々には「なくてはならない成分」とも言われているのです。

通常ですと、思春期の後半にその成長版は反省するとも言われています。
GHが働いてももう骨は長軸方向へと伸びなくなってしまうのです。

さらに一生の間分泌されているホルモンとも言われています。
骨ばかりではなく、脂肪組織や筋肉などという全身に影響し、代謝の調整や身体の組成を正常な役割で維持をします。
このことによって、身体機能を正しく維持しやすい環境をつくり、心理的な部分においても健康間を持たせる働きをしているのです。

GHが足りないとどうなるのか

特に幼少期の頃にGHが不足してしまうと、骨の成長が促しにくい状態となってしまうために「背が低くなる」という傾向があります。
全員に該当するというわけではありませんが、先の傾向が強くなってしまうのです。
この状態のことを「成長ホルモン分泌不全性低身長症」と読んでいます。
この場合の対処方法ですが、今後の健康な成長に支障をきたすと判断した場合には治療を行います。
GHを注射として打ち補っていくのです。
こうすることで問題が解消されます。

GHが過多状態の場合

先とは逆に多すぎてしまうという病気もあるのです。
まずは脳下垂体にアルGHを作る細胞が増える良性腫瘍によっておこり、先端巨大症と呼ばれている症状が出てしまうのです。
この病気の詳細ですが、その病名の通りに顎や鼻・手足などが大きくなってしまいます。
そのほかの身体症状としては発汗過多・頭痛・視野障害・糖尿病・高血圧、女性においては月経不順などという症状が出てしまう可能性があるのです。

異常のことから考えられるのは、GHを薬として取り入れていく際には「適正さ」というものが重要といえるでしょう。
内服するものにおいては、胃で分解されてしまい効果が充分に発揮できないことも多いので注射として補充するのがベターでしょう。

改めて知るGHの仕組みや効果

このようにGHがどのような役割を持ち、効果効能があるのかという部分を知っておくことによって適切な対処もしやすくなりますしより一層健康な生活を目指すこともしやすいでしょう。