成長ホルモンの分泌がなされないケース

脳腫瘍が原因であるケース

脳下垂体に腫瘍が出来てしまい、それが大きくなってしまうと主要で圧迫をしてしまい、下垂体機能全体が低下してしまうのです。
この下垂体は、成長ホルモンを含むそのほかのホルモンを分泌するところとなっています。
ですから、下垂体の機能が低下することによってGHの分泌がされなくなってしまうというわけです。

さらには、頭蓋咽頭腫や、ラトケのう胞などといった下垂体の「周囲」に発生する病気についても、GH定価の原因ともなります。
腫瘍そのものではなく、下垂体線腫の手術を受けた方・放射線治療を受けた方、または外相などによってもそれが原因となり下垂体機能が低下することもあるのです。

不明であるというケース

こちらは原因が分からないというケースです。
ごく稀ではりあますが、実際に原因が分からないままGHが分泌されなくなってしまうという事例もあるのです。

年齢とGH

GHは、加齢と共に低下をしていきます。
思春期を100とすると、GHの分泌は思春期後期で多くなり200と倍近い数値となるのです。
ですが、その後はどんどん少なくなってしまい、30~40台は50・60台では30くらいとなってしまい分泌は減ってしまうのです。

対処方法

分泌を促す生活を意識することで解消されるケースもありますが、全く分泌をされていない・身体に支障をきたす可能性もあるという場合は「治療」としてGHを補充したり促していく必要性が出てくるのです。
一般的な対処方法としては注射として補うことです。
ある程度の副作用はあるものの、ホルモンの分泌というものにおいては正常もしくは正常に近い状態へと導くことができるでしょう。

医療行為ですので、病院に足を運んで医師に相談をしなくてはならない方法です。

分泌量について考える

このように、分泌ができなくなってしまう・極端に少なくなってしまうというケースも存在しています。
先のような可能性を知っておくことによって、健康意識が向上したりGHの仕組みについてより一層深くしることができるかとも思います。