成長ホルモンの抑制と分泌

分泌の抑制について

視床下部から分泌される「成長放出ホルモン」の作用を受けます。
そしてGH生産細胞から分泌されるのです。
また、視床下部からのソマトスタチンによって、その分泌が抑制されるのです。

フィードバックと分泌について

GH自身によって、ネガティブフィードバックで分泌が抑制されています。
また、IGF-1に関しても下垂体に作用をしてネガティブフィードバック機構によってGHの分泌を抑制するのです。

GHを分泌を促すトレーニング

一つ目として考えられるのが「筋トレ」です。
これを行うことによって、筋肉に「乳酸」がたまっていきます。
それが分泌にスイッチを押すような効果をもっているのです。
すると、脳下垂体からGHが分泌されて披露した筋肉を修復し強くしてくれます。
軽い負荷でも充分な効果を期待することが出来るでしょう。

睡眠をとること

こちらはご存知の方も多いかとも思いますが、睡眠をしっかりととるということです。
GHの分泌という点においては「ゴールデンタイム」には横になっていただくことをおすすめしたいと思います。
このゴールデンタイムは午後10時から午前2時までといわれています。
このことから、少しでも多くのGHを分泌させたいという場合は、午後10時までには眠る週間をつけておくとよいでしょう。
さまざまな環境の都合などで難しいという方もいらっしゃるかもしれません。
その場合は「ゴールデンタイム中に熟睡できる」ように努めていただくと良いかと思います。

食事について

栄養バランスをしっかりとるという事はもちろんですが、その「食べ方」にも着目していただきたいのです。
時間が来たから食事を取るというのではなく、空腹を感じた時に摂取をするという事です。
これが、効率のよいそして健康的にGHの分泌を促すことにもつながっていくのです。

分泌の抑制と促進について知ること

抑制のメカニズム、そして分泌を促すにはどのようなことが自分自身でできるのかという事についてお話をしました。
こうした部分についての知識をもつことによって、体内バランスを整えたり、いつまでも若々しい身体状態をキープすることもできるかと思いますので、参考にし実践してみてはいかがでしょうか。