成長ホルモンの検査と治療について

問診について

まず検査そのものは医療機関で行います。
必要性があると医師が判断された場合が大半ではありますが、希望をすることによって検査をすることも可能な機関は多いでしょう。

まずは問診です。
これまで大病や入院経験はあるかどうか。
またはGHが低下したのではないか?と思われるような症状があるのかなどということを医師に伝えます。
あらかじめ簡単にメモ書きなどを用意しておくと、伝え忘れなども防ぐことができるでしょう。

身体測定

次に身体測定をします。
身長や体重といった基本的なものから、体脂肪などを測定していきます。

GHの分泌刺激検査

こちらは経験をお持ちの方は少ないかもしれません。
方法ですが、GHの分泌を促す投薬をした上で検査を行うというものになります。

また、GHの分泌についてですが、常に一定の「濃度」をもって分泌しているわけではありません。
時間経過ごとに濃度というものは変化していきます。
このことから、一定の間隔をあけた状態で何回か採決をして調べるのが一般的です。

万が一の際の治療法

先のような検査結果が芳しくなかったという場合は治療に進んでいただくことになるでしょう。

方法としては注射が一般的で、その中でも「自己注射」によって行うこととなるでしょう。
といっても、一般的イメージのある注射器とはまったく異なった形状のものです。
ノック式のペンのようなタイプの注射器なのです。
ですから、比較的に行いやすいともいえます。

また、注射方法は「皮下注射」ですので、血管内や筋肉注射のように難しいものではありません。
もちろん、事前に医師から指導がありますので安全性という部分についても確保されています。

 

治療によって安定する

検査と治療について知り、もしも治療をする必要があるということになったときには医師の指導を守り治療を続けていくことによって状態は改善されることと思いますので、落ち込みすぎる必要は全く無いのです。
前向きに治療に取り組み、自らの生活面からフォローをしたりということも取り入れていくのも良い方法です。

検査前段階でも医師相談を受けることは可能ですので、気になる方は足を運んでみるのも良いでしょう。